2017年03月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

インフォメーション

FC2ブログで画像等を一括アップロードするソフトを地味に配布してます。
FC2ブログ用ファイルアップロードの最新版はこちら
(ベクター)FC2ブログ用ファイルアップロード

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.11.18 (Tue)

Sleipnirで一時的に特定のユーザーエージェントでURLを開く

Sleipnirで、「このURLを携帯のユーザーエージェントで開きたい」なんて時がある。
携帯のメルマガのURLをPCで開く時とか。
でも、Sleipnirでユーザーエージェントを変えた時って再起動しなきゃいけないのがめんどくさい。
再起動しないでこのURLだけを携帯として開きたいなって時に便利なスクリプトを見つけましたよ。

「アドレスバーに入力したURLを特定のユーザーエージェントで開く」スクリプト。

以下のページの「カスタムアクション」をダウンロード&.jsをscriptsフォルダへ入れる。
http://yuyulab.hp.infoseek.co.jp/download/sleipnir_script/index.html#CustomAction
「カスタムアクション.js」を開き、15行目くらいにある

var macro = ''; //アクションを記入してください。

に任意のアクションを設定すると、常にそのアクションをするスクリプトになります。

例えばアドレスバーのURLを「KDDI-TS37 UP.Browser/6.2.0.7.3.129 (GUI) MMP/2.0」というユーザーエージェントで一時的に開きたい場合は以下。

var macro = '$Navigate:{AddressBarString}@User-Agent:"KDDI-TS37 UP.Browser/6.2.0.7.3.129 (GUI) MMP/2.0"'; //アクションを記入してください。

※@User-Agent:以降のユーザーエージェント文字は""で囲わないとエラーになることも。
""で囲わないと空白で区切られて解釈される。


上記のように変更した「カスタムアクション.js」を任意の名前に変えると管理しやすい。(自分は「携帯のユーザーエージェントで開く.js」にしている)

使い方は、携帯のユーザーエージェントで開きたいページを開くか、アドレスバーに直接開きたいURLを入力。

Sleipnirの「スクリプト」>「(自分の場合)携帯のユーザーエージェントで開く」をクリック

そうすると再起動無しでアドレスバーに入っているURLが携帯のユーザーエージェントで開かれる。

とにかく再起動しなくて済むというのがかなりありがたいなってお話。
スポンサーサイト


 |  12:04  |  パソコン  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。