2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

インフォメーション

FC2ブログで画像等を一括アップロードするソフトを地味に配布してます。
FC2ブログ用ファイルアップロードの最新版はこちら
(ベクター)FC2ブログ用ファイルアップロード

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.11.23 (Wed)

wodpressのサイドバーにある「カテゴリ」ウィジェットから特定のカテゴリを除外したり

デフォルトのウィジェット「カテゴリー」から特定のカテゴリを除外したいなって思ったので、フックがないかソースを見たら
wp-includes/default-widgets.phpの461行目に
$cat_args['title_li'] = '';
wp_list_categories(apply_filters('widget_categories_args', $cat_args));

という一文を発見。まさにこれぞというフックがちゃんと設定されてた。(WordPress 3.1)

引数は配列なんで追加も削除もしやすい。

ここでwp_list_categoriesの引数の確認をしつつ、
現在アクティブなテーマのfunction.phpに以下を記述。除外は'exclude'だった。
// *** カテゴリ一覧ウィジェットから特定のカテゴリ除外 ***
// add_filterの引数
//  'widget_categories_args'=フィルタ名
//  'my_theme_catexcept'=呼ぶ関数名(かぶらないように注意)
//  10=優先度(デフォルト10だっけ?省略可)
//  関数に渡す引数の数(1なんで省略)
add_filter('widget_categories_args', 'my_theme_catexcept',10);

function my_theme_catexcept($cat_args){
// 除外するカテゴリのid
$exclude_id = '7';
// 除外
$cat_args['exclude'] = $exclude_id;
// 返す
return $cat_args;
}

複数除外する場合は$exclude_id = '7,4'ってカンマ区切りで指定できる。
カテゴリのIDは「カテゴリー編集」画面を表示したときのURLの「tag_ID」の値で確認してる。
スポンサーサイト


 |  09:50  |  WordPress  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。