2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

インフォメーション

FC2ブログで画像等を一括アップロードするソフトを地味に配布してます。
FC2ブログ用ファイルアップロードの最新版はこちら
(ベクター)FC2ブログ用ファイルアップロード

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.01.09 (Fri)

バッチファイルでサービスのアカウント(ログオン?)を設定

バッチでサービスのアカウントを設定したいとき。


MyServiceというサービスのアカウントを
ユーザー名:myuser@my.local
パスワード:mypass
に設定したい場合のバッチファイル。



@echo off
sc config MyService obj= "myuser@my.local" password= "mypass"


各オプションの「=」の後の半角スペースは忘れないように。

あぁこれでまたひとつ楽になる。
スポンサーサイト


 |  18:10  |  バッチファイル  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  Top↑

2009.01.09 (Fri)

コマンドプロンプトでサービスを操作

コマンドプロンプトからサービス(コントロールパネル>管理ツール>コンピュータの管理>サービス に表示されてる奴)を操作するには、
「net」というコマンドを使用するみたい。

「MyService」という名前を操作する場合

開始


net start MyService



停止


net stop MyService






開始や停止程度ならこれでいいんだけど、サービスのプロパティを設定したい場合は
sc.exe」というものを使うみたい。

とりあえずその「sc.exe」が現状で使えるか、
コマンドプロンプトで「sc」のみを入れてエンター押すと、
なんかずらっと文字が出てきたので使えるみたい。標準で入ってるのかな。

プロパティの設定は「sc config 」で行う。

MyService」の表示名(サービスの一覧に表示される名前)を
hogeService」に変える場合
sc config MyService DisplayName= "hogeService"

DisplayName=の後にスペースを入れないとなんか認識されないので入れるように。

変えたけど元に戻したい場合
上記の処理では表示名が変わっただけなので、
サービス名は変わっていない。

sc config MyService DisplayName= "MyService"


そんな感じ。


 |  17:33  |  バッチファイル  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  Top↑

2008.09.17 (Wed)

ログインするたびにネットワークドライブが切れる

Windows XPで、ネットワークドライブを設定しているんだけど
なぜかログインするたびにネットワークドライブが「切断しました」って出て切断される。

もちろん「ログオン時に再接続する」にチェックを入れてるし、
ネットワークドライブの接続先がこのパソコンと異なるアカウントなので
「異なるユーザー名で接続します」で接続している。
けど、再起動すると切断される状態。

ログインするたびにネットワークドライブを設定しなおすのがめんどいので
バッチファイルにしてスタートアップに入れることで解決しましたとさ。

「Z:」ドライブに「\\MyPC\tmp」を割り当てる。
MyPCのアカウントが
ユーザー名:aaa
パスワード:passbbb
の場合のバッチファイルの中身



@echo off
net use z: \\MyPC\tmp passbbb /user:aaa



↑これを適当な名前.batにしてスタートアップフォルダに入れるなりすれば、ログイン時に勝手につなげてくれる。

前のパソコンのXPだとこんなバッチ作らなくてもログイン時に勝手に繋げてくれたんだけどな。
なんでかわからん。


 |  17:04  |  バッチファイル  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  Top↑

2008.06.20 (Fri)

バッチファイルの文字切り出し

以下コピペ


%V% 変数Vの値全体 %V% ⇒「ABCDEFGHIJKL」
%V:~m% m文字目から、最後まで %V:~5% ⇒「FGHIJKL」
%V:~m,n% m文字目から、n文字分 %V:~5,2% ⇒「FG」
%V:~m,-n% m文字目から、最後のn文字分を除いたもの %V:~5,-2% ⇒「FGHIJ」
%V:~-m% 後ろからm文字目から、最後まで %V:~-5% ⇒「HIJKL」
%V:~-m,n% 後ろからm文字目から、n文字分 %V:~-5,2% ⇒「HI」
%V:~-m,-n% 後ろからm文字目から、最後のn文字分を除いたもの %V:~-5,-2% ⇒「HIJ」
%V:c1=c2% 文字c1を文字c2に置換する。それぞれ複数の文字を指定することも可能 %V:ABC=abc% ⇒「abcDEFGHIJKL」


参考
バッチ・ファイル中で日付をファイル名に使用する


 |  10:30  |  バッチファイル  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  Top↑

2008.06.12 (Thu)

バッチファイルで指定フォルダ以下をコピー

バッチファイルは目的のものが出来ればとても便利。

入力されたフォルダ以下の「debug」フォルダと「.sln」ファイル以外をコピーするバッチ。
xcopyで除外する場合は、除外条件を書いたテキストファイルを用意する必要がある。

バッチファイル


@echo off

rem /pで入力
set /p src=コピー元を入力してください:
set /p dest=コピー先を入力してください:

rem 除外ファイル「ex.txt」を使用してフォルダと.slnファイルを除外
xcopy %src% %dest% /EXCLUDE:ex.txt /S


ex.txtファイル中身


debug
.sln



これでdebugと.slnファイル以外がコピーされる。



指定フォルダ以下の「release」フォルダ内の「.exe」ファイルのみを取得するばあい


@echo off
set /p src=検索フォルダを入力してください:

for /R %src% %%F in (release\*.exe) do (
echo Fは%%F
)


こんなかんじでフォルダ名+ワイルドカードで指定できる。
「指定フォルダ\aaaa\bbbb\release\mmm.exe」みたいな指定フォルダ直下じゃないファイルも引っかかるので便利。


 |  11:03  |  バッチファイル  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。