2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

インフォメーション

FC2ブログで画像等を一括アップロードするソフトを地味に配布してます。
FC2ブログ用ファイルアップロードの最新版はこちら
(ベクター)FC2ブログ用ファイルアップロード

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.05 (Tue)

Sleipnirのユーザーエージェントを自動で切り替える - UWSC

Sleipnirのユーザーエージェントを切り替えるスクリプト。暫定版。

最近携帯サイトを見るためにユーザーエージェントを切り替えています。
ユーザーエージェントはSleipnirの
「ツール>Sleipnir オプション>ビュー>Trident>UserAgent(U):」
で変更できますが、
それを毎回手動で「携帯orデフォルト」を切り替えるのがめんどくさいので
自動化しました。

以下は
・ユーザーエージェントが空(デフォルト)だった場合→「KDDI-HI31 UP.Browser/6.2.0.5 (GUI) MMP/2.0」を設定しSleipnirを再起動
・ユーザーエージェントが設定されていたら(空以外だったら)→空にして再起動
という処理を行うスクリプトです。


pnir = CREATEOLEOBJ("Sleipnir.api")

// SleipnirのウィンドウハンドルからID取得
pnirID = HNDTOID(pnir.Handle)

if STATUS(pnirID, ST_ICON) then CTRLWIN(pnirID, NORMAL)

acw(pnirID, STATUS(pnirID, ST_X), STATUS(pnirID, ST_Y))
// 設定画面表示のショートカット
KBD(VK_F12,CLICK,40)

// オプション画面取得
WHILE true
  optionID = GETID("オプション", "#32770", 1)
  if optionID > 0 then break
  sleep(1)
WEND

// ビュー\Tridentを選択
CLKITEM(optionID, "ビュー\Trident", CLK_TREEVEW)
// ユーザーエージェントテキストボックスのインデックス
tidx = 1
// ユーザーエージェントが設定されていなければ設定
IFB LENGTH(GETSTR(optionID, tidx, STR_EDIT)) = 0
  SENDSTR(optionID, "KDDI-HI31 UP.Browser/6.2.0.5 (GUI) MMP/2.0", 1, true)
ELSE
// 設定されていれば削除
  SENDSTR(optionID, "", 1, true)
ENDIF

CLKITEM(optionID, "OK", CLK_BTN or CLK_ACC)

// 再起動確認ダイアログ待ち
WHILE true
  cID = GETID("Sleipnir", "#32770", 1)
  ifb cID > 0
    CLKITEM(cID, "今すぐ再起動", CLK_BTN or CLK_ACC)
    break
  endif
  sleep(1)
WEND


ユーザーエージェントを入れるリストボックスの番号(tidx)が環境によって変わりそうな気がしないでもないので、もっといい方法が見つかったら良いな。
とりあえず動く版。


 |  15:17  |  UWSC  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。