2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

インフォメーション

FC2ブログで画像等を一括アップロードするソフトを地味に配布してます。
FC2ブログ用ファイルアップロードの最新版はこちら
(ベクター)FC2ブログ用ファイルアップロード

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.07 (Thu)

ウィンドウタイトル以外の条件でウィンドウを取得 - UWSC

GETID以外で、特定のIEのオブジェクトを取得する方法。
すでに開いているウィンドウから取得できる。



flg = 0
Obj_Shell = CreateOleObj("Shell.Application")
// すべてのウィンドウ分ループ
for i = 0 to Obj_Shell.Windows.Count - 1
  Obj = Obj_Shell.Windows.Item(i)

  // IEのウィンドウ?(Obj.Fullnameにはアプリケーションのパスが入る)
  ifb Obj > 0 and pos("iexplore.exe",Obj.Fullname) > 0
    //Windows.Item(i)がそのままIEオブジェクトとして使用できる
    objIE = Obj
    // IEがサイトを読み込み中なら読み込み終わるまで待つ
    WHILE objIE.busy or objIE.readystate <> 4
     SLEEP(1)
    WEND
    
    // 画面に"対象のウィンドウ"という文字が表示されているなら
    ifb POS("対象のウィンドウ", objIE.document.body.innerHTML) > 0
      // 閉じる
      objIE.quit
      // 見つかったフラグ
      flg = 1
      // IDを取得する場合はHNDTOIDで取得できる
      ID = HNDTOID(objIE.HWND)
      // 終了
      EXIT
    endif
    
  endif
next

if flg = 0 then msgbox("対象のウィンドウは見つかりませんでした")



こんな感じで全ウィンドウループして探せば同じタイトルのウィンドウも条件により分けて取得できる。


 |  13:48  |  UWSC  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。