2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

インフォメーション

FC2ブログで画像等を一括アップロードするソフトを地味に配布してます。
FC2ブログ用ファイルアップロードの最新版はこちら
(ベクター)FC2ブログ用ファイルアップロード

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.11.07 (Fri)

UWSCでIEのバージョンを取得したい

UWSCでIE操作する際、IEのバージョンによってできることとかできないこととか結構ある。

IEのバージョンを取得して分岐したいなあと思ったんでIEのバージョンを取得する方法。
これを関数にするなりしたら便利かな?

下記のコードはCreateOLEObj("InternetExplorer.Application")で作られるIEのバージョンを取得し、
UWSCのPrintウィンドウに5秒表示させる処理。

IE = CreateOLEObj("InternetExplorer.Application")
FS = CreateOLEObj("Scripting.FileSystemObject")

// GetFileVersionでIEのバージョンを取得。
//IE.FullNameはiexplore.exeのフルパス
strVersion = FS.GetFileVersion(IE.FullName)

// 6.0.2900...って感じの文字なので、"."より前の肝心な部分だけ数値として取り出す
intVersion = Val(Copy(strVersion, 1, Pos(".", strVersion) - 1))

print "Version:" +intVersion

Sleep(5)


Scripting.FileSystemObjectを使って、iexplore.exeファイルからバージョンを読み取ってる仕組み。
IEオブジェクトにバージョンプロパティとかが無いのがちょっと不思議だ。
ちゃんと探してないせいかもしれないけど。
あるのかな?


 |  16:32  |  UWSC  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。