2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

インフォメーション

FC2ブログで画像等を一括アップロードするソフトを地味に配布してます。
FC2ブログ用ファイルアップロードの最新版はこちら
(ベクター)FC2ブログ用ファイルアップロード

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.05.21 (Thu)

ローカル専用の自サバを立てたい4

ローカル専用の自サバを立てたい3の続き

シャープの古いノートパソコンメビウス(PC-MJ140R)に無事VineLinux2.6r4がインストールできたのはいいが、

「murasaki」というものを起動するとキーボードの入力を受け付けなくなる。
ぐぐったら「kudzu」というものを停止すると動いたという記述もあるので試してみることにした。

まず、起動時のOS選択画面でCtrl+Xでテキストログインにして
user:root
password:インストール時に設定したrootのパスワード
でログイン

#chkconfig kudzu off

でkudzuをoffにして

#reboot

で再起動。



すると

TS370714.jpg
Starting murasaki [ OK ]

やっぱりmurasakiで止まる。

また電源ボタン押して再起動させるが、今度は

TS370712.jpg

*** An error occurred during the file system check.
*** Dropping you to a shell; the system will reboot
*** when you leave the shell.
Give root password for maintenance
(or type Control-D for normal startup):

という文が出てとまる。

これは電源ボタンで強制的に電源を切ったせいで、データが破損したりしたせいで出てるみたい。
とりあえず上記のところで止まったらrootのパスワードを打ってエンターを打つとログインできる。

ログインできたら
#fsck /dev/hda?

と打って修復する。
※?の部分は自分の環境の数字

/dev/hda?の数字がわからない場合は
#mount

でわかるかも。

んで、現在のログイン状態だと制限がかかっているので再起動してrootでログインしなおす。

murasakiはサーバーとして使う場合は要らないんじゃない?ってことで
murasakiも起動しないようにする。
#chkconfig murasaki off


ちなみにchkconfigの現在の設定状態を見る場合は
#chkconfig --list


murasakiの状態だけ見る場合は
#chkconfig --list murasaki

そんな感じでmurasakiを止めて通常起動させたところ、無事にLinuxが立ち上がった。

ちなみに手動でmurasakiを起動する場合は
#/etc/rc.d/init.d/murasaki start

で起動させられたのだが、やはり起動させるとキーボードの入力を受け付けなくなる。

なんかもうmurasakiはつかえそうもないし、本来の目的はサーバーとして使うことだし、X Window Systemは諦めて常にテキストログインにしたい。


常にテキストログインにする場合は「/etc/inittab」というファイルを編集するみたい

vi(エディタ)でinittabファイルを開いて
#vi /etc/inittab


id:5:initdefault:

の行を探し、この行を
id:3:initdefault:

に変える。

viの操作方法は
[X]キーで1字切り取り
[I]キーでインサートモード
[ESC]キーでインサートモードとか終了
[:][w][q]と打つと保存してvi終了

これで常にテキストログイン。サーバーっぽくなってきた。


さて次はアップデートでもするか?と思ったら日本語が文字化けしまくり
こんな感じに。
TS370713.jpg

「lilo.conf」ファイルを設定する?と直るみたい。
#vi /etc/lilo.conf

で開いて、適当な場所に
vga=773

の1行を追加して「:wq」で保存して終了

とりあえずrebootで再起動してみると表示がちょっと変わった。
コンソール画面に、今まで見えなかったVineLinuxのロゴが出ている。

日本語が出そうなコマンドを打ってみたら
TS370716.jpg

やった!ちゃんと読める日本語が出たよ!これでまともにつかえるよ!
インストールは完了したと思っていいのだろうか。

このままhttpサーバーの設定をするか、VineLinux3→VineLinux4とアップグレードしてからサーバーの設定をするかが悩む。
正直3が入るのか微妙なところだし。

VineLinux2.6r4で使っててなにか違いとかあるのだろうか。

なんにせよせっかくLinuxがインストールできたんだから、勉強がてら色々やってみんべ。
そういえば元々このメビウスは無線LANカードを挿して無線で使ってたので
Linuxでも無線でつかえるといいなあ。
今はPS3に挿してたLAN線を、ネットワークインストールの為にメビウスに挿してるし。


 |  00:43  |  サーバー  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。