2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

インフォメーション

FC2ブログで画像等を一括アップロードするソフトを地味に配布してます。
FC2ブログ用ファイルアップロードの最新版はこちら
(ベクター)FC2ブログ用ファイルアップロード

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.10.20 (Wed)

WindowsだけどLinux風のパスを使いたい

ローカルでテストするとき、ローカルと実際に動かすサーバーでのパスの違いがめんどくさい。
特にwindowsだと、linuxみたいな/devとかじゃなくてC:\とか全然違う。

ローカルでパス合わせて、アップロード時にサーバーのパスに置換すればいいんだがそれがまためんどくさい。
特にPerlの先頭の#!/usr/bin/perlとか(なんていう呼び名だっけ?)、ローカル・サーバー毎に書き換えるのめんどくせえと何度思ったことか。

windowsでは、シンボリックリンクを使うとこのドライブ名のない/usr/bin/perlとかのパスでも全然使えるみたい。

早速コマンドプロンプトからシンボリックリンクを作る。
コマンドはmklink。これ打ってエンターで使い方が出る
C:\>mklink
シンボリック リンクを作成します。

MKLINK [[/D] | [/H] | [/J]] リンク ターゲット

/D ディレクトリのシンボリック リンクを作成します。既定では、
ファイルのシンボリック リンクが作成されます。
/H シンボリック リンクではなく、ハード リンクを作成します。
/J ディレクトリ ジャンクションを作成します。
リンク 新しいシンボリック リンク名を指定します。
ターゲット 新しいリンクが参照するパス (相対または絶対)
を指定します。


例えば、「C:\xampp\perl\bin\perl.exe」を「/usr/bin/perl」のパスでperlが使えるようにする。
手順は↓。

管理者権限でコマンドプロンプトを起動

c:\に作るのでc:\直下に移動
>cd c:\


bin/perlの部分は一緒だから、/usr→C:\xampp\perlのようにリンクする。
ディレクトリのリンクだから/Dで。
c:\>mklink /D usr C:\xampp\perl
usr <<===>> C:\xampp\perl のシンボリック リンクが作成されました


試しにそのまま/usr/bin/perlにアクセスしてみる。
-hでperlのヘルプ表示。
c:\>/usr/bin/perl -h

Usage: /usr/bin/perl [switches] [--] [programfile] [arguments]
-0[octal] specify record separator (\0, if no argument)
-a autosplit mode with -n or -p (splits $_ into @F)
-C[number/list] enables the listed Unicode features
-c check syntax only (runs BEGIN and CHECK blocks)
...

アクセスできたよー。
ちゃんとリンクできてなかったら
c:\>/usr/bin/perl -h
指定されたパスが見つかりません。

ってでる。
こんな感じで本番環境のサーバーに合わせてシンボリックリンクを貼っとけば、
もうperlの#!/usr/bin/perlなんかも編集せずそのまま使える!便利!
助かった!

存在しないディレクトリを挟む場合は、適当な場所にリンク用のディレクトリでも置いとけばいいかな。
リンクの削除は、rdコマンドか、エクスプローラから矢印が付いてるリンクアイコンを消せばいい。
ファイルのシンボリックリンクも合わせて使えばなんとでもなりそうだ。

参考
Windows Vista/Windows Server 2008でシンボリック・リンクを作成する


 |  13:09  |  サーバー  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。